忍者ブログ

絹志郎マニア

絹志郎の日常と体調管理

カテゴリー「体調管理」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

14日の危機……。

14日の夜は、正直今頃絹志郎はいないと思っていた……。

まさか……の連続でした。

「まさかこんなに悪くなるなんて……」
「まさかこんなに回復できるなんて!」

夕方からそれは始まりました。
PR

・・・つづきはこちら

歯が抜けた・・・

グラグラしてた歯が抜けた

口腔がんになると、歯がぽろぽろ抜けるとは読んでたけど、絹志郎はこの歯が初めて抜ける歯だ。

他の歯はまだしっかり歯茎に植わってて(笑)、お刺身を食べさせようと口に入れるとものすごい勢いで噛まれるのよね( ̄ ̄;)
おかげで私の指は傷だらけだけど、それも犬歯がしっかりしている証拠だと思って喜ぶことにしてます。

抜けた歯は、一番腫瘍の近くにあった歯で、歯根の一部が溶けて無くなってる。
顎の骨もこんな感じでスカスカになってるかもしれない・・・。

幸い、まだ腫瘍が自壊してぐちゃぐちゃに溶けることはしてないから、絹志郎はかわいい顔のまま。

今日体重を量ったら4キロちょうどだった。
12月に量った時は4,1キロだったから100g減ったんだね。
しっかり食べて取り戻さなきゃね。

脱水

うっかりしてた……。

食べたあとに口を洗うのと一緒に水を飲ませていたので、脱水になるのはあまり考えに入れてなかった。。


ちょっと分かりにくいけど、目が窪んでます。
そんなにひどい脱水じゃないけど、腎不全を持ってる絹志郎は、少しおしっこが増えただけでもあっという間に皮膚の張りがなくなってしまう(;´д`)

もともといつも血液検査をすると脱水を指摘されてたので、慢性的に水不足な状態。

脱水だと食欲もなくなるし、ふらつくからトイレもケースの枠にぶつかりながら中で方向転換。

昨夜はかなり症状がひどく、何とか水を飲ませたけど朝方に2度もおしっこしたから入れた分より出した分の方が多いと思う。

今日は2時間ごとの少量のごはん(水分を足してかなり柔らかめに)、間にぬるま湯とミネラル水を1ミリの小さなシリンジで少しずつ飲ませて、脱水を早く緩和させることに集中してます。

午後になって少し気分が良くなったみたいで、食後のゴロゴロが大きくなった(-。-)ほっ。
目の窪みはそれほど変わらないけど、目に力が戻ってきた感じ。

……でも、どうも目はあまり見えてない様子で、いろんな物にぶつかりながら歩いてる。
たぶん癌が広がってるからかな、と思うけどきれいな目を見てると、あーやっぱり絹志郎の眼だな~かわいい(*^^*)って思う。

見えてないならチューしても解らないだろって思ったけど、それは分かるらしい(笑)
いつものようにものすごい迷惑な顔されたわ(((^_^;)
そんなところはいつもの絹志郎だね~。

癌のせいで下顎が横に大きく引っ張られてます。おなじ側の目も押し出されて、瞬膜(第三眼儉)も出っぱなし。多分こっちの目は見えてない。
それでも絹志郎はかわいい(*^^*)って思うんだな~私らは(笑)

2016年ですね

年越しだの新年だの、まったく関係ない我が家。

特にこの冬は絹志郎の癌・闘病生活で気持ちは体調管理しかありません。

進行の早い癌にもかかわらず、今も絹志郎は生きて傍に居てくれてます。
(といっても、最近は部屋を出て私らのいないところで寝る)

痛みがなかなか取れず、水を飲んだり食事をあげたりするとかなり痛がるのが
見ていて本当にかわいそうで辛いですが、それでも水は自力で飲もうとするし、
痛くても最初だけはごはんを指からなめて食べるし、口に入れれば飲み込んでくれます。

必要最小限の薬とサプリメント、光線治療でここまでできるのは奇跡に近いかも、と思います。

光線治療犬をや猫に当てて、獣医に見放された子が元気になったのは定期的に送られてくる医療報告と治療報告でも数例目にしたことがあります。

西洋医学の先生たちは光線治療を馬鹿にしますが、併用すればものすごく効果を発揮するんです。
どちらか一方だけではダメで、かならず検査や所見を聞いてから光線治療を開始するのがベストです。
理由は病気によって、またそれまでの病歴や体調によって使うカーボン(炭素棒)が違うから。

光線治療は「可視総合光線」といって温熱療法ではなく、光を当ててその波長を体に吸収することで免疫反応を起こさせ、自然治癒力を引き出す療法です。

絹志郎は今1000-3002・1000-4003・1000-3007・1000-5000などなど腫瘍や鎮痛に効くカーボンと腎不全の治療カーボンを組み合わせてます。

もし、同じ病気で光線治療をされている方がいらっしゃったら、少しはこの情報も役に立つかもとおもって書いてみました。

腎不全がメインなら1000-3002がお勧めです。
当てるところは足、背中を中心にするのが我が家では定番です。
腎不全になると貧血が怖いので、背中を当てると造血に良いと思ってそうしてます。
もちろん食事で十分なエネルギーと水で血を流れやすくしてげること、血圧をあげないようにすることが大切ですが。

口腔がんになって、1000-4003番をよく当ててます。
元々絹志郎は口の血流が悪かったようで、若いころから舌が白かったんです。
普通猫の舌って真っ赤でしょ?
それが薄いピンク色だったんです。
そのくせ耳はいつも温かくて、冷たいことなんてありませんでした。

癌になって一日中光線治療をし始めて、初めて耳が冷たく舌が赤い状態になりました。
・・・でも、もっと早くにこうなるまで当ててあげてたら、口腔がんなんて辛い病気にならなくてすんだのかもしれません。

ただ、絹志郎は基本的に光線治療が嫌いです^^;
なので無理強いするのもな・・・とそこそこしか当ててやらなかったのが悔やまれます。
癌は血流の悪い所にできやすいです。
それは人でも同じ。

今私も母も夜中まで絹志郎の世話に追われてクタクタになってます。
ゆっくり眠りたい、少しはほっとしたいと思うけど。

でも、もし絹志郎が居なくなったら・・・きっと腑抜けになるだろうな。

何にもする気が起きなくなるかもしれない、とちょっと怖くもあるんです。
だから、絹志郎には少しでも長く生きてほしい。

ニンゲンの勝手な思いなのかもしれないね。

闘病生活

何から書けばいいのか、いろんな事がありすぎてとにかく大変です……。

絹志郎はゆるゆると生活してます。

癌は確実に進行していて、特に先週末から急激に悪化しました。

口腔癌は癌に侵された部分が最後は腐って溶けてきます。
……可愛い愛猫の顔が腐ってぐちゃぐちゃになるのを見なければいけない辛さ、この病気になった子の飼い主さんは本当に辛い思いをしなければなりません。

けれど、猫本人は自分の顔がどうなろうと気にしないもので、辛いかどうかは痛みがあったりかゆみがあったりした場合だけだとおもいます。

そう思えば、顔がどうなろうと可愛いあの子には変わりないのですから、最後まで愛情いっぱいの、うるさがられるほどの世話をしたらいいんだと思うと、少し気が楽になりました。

ところで、

三日前の事、とっても天気が良くて台所の横の廊下が暖かかったんです。
いつもは日向ぼっこなんかしない絹志郎、ムートンの座布団を置いてやったら……

気持ち良さそうにしてます。


逆光だっので暗く写ってしまったけど、本当に明るい日差しに気持ち良さそうにしてました。

でも、母がこれを見てポツリと「人も動物も死ぬちょっと前にいつもはしない事をするんだよね……」と。

私も日向ぼっこする絹志郎を可愛いなーって思いながら、なんとなく言い様のない不安を感じてました。

この二日前から右目の瞬膜が出たままになってしまっていて、どうも眼球が押し出されているようなのです。
癌がもうそこまで広がっていることを知って、私も母も本当にショックで落ち込みました。

私の体調もかなり厳しい状態で、月曜日は凄まじい頭痛と吐き下しで大変でした。


19日に撮った絹志郎。
可愛い寝顔でしょ?(*^^*)

絹志郎が気持ちよく過ごせるように、これからも看病を頑張ります。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
saori*
性別:
女性
職業:
トールペインター
趣味:
手芸の類ならなんでも♪
自己紹介:
私の遺伝子の中に「猫が好き」が書き込まれていると思う。
現在アメショー猫・絹志郎の姉貴分(自称)。
大阪在住。

カウンター

バーコード

ブログランキング

皆様、殿を応援してくださりませ。

最新コメント

[09/03 n3lq0ow572]
[05/31 みっち]
[04/04 saori]
[03/10 ゆきちの母]
[02/14 みっち]

ブログ内検索

Copyright ©  -- 絹志郎マニア --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]