忍者ブログ

絹志郎マニア

絹志郎の日常と体調管理

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コロコロと蜘蛛

昨日、黒いズボンを履いたの。

お風呂に入ろうとして
ズボンに全然猫の毛が付いてない事に
すごくすごく寂しさを感じた。

今年も2月が、3月が来る。

あのこたちが居なくなってしまった月が。

抜けた毛はコロコロで取って
服は洗濯機へ。
それが当たり前だったし、それでも取りきれなくてくず取りネットにたんまり溜まってた。

「手間だよね」って笑いながら
「ほら抜けた毛返してあげる~」なんて言って、硬い毛を頭に立てて遊んだり。
もちろん絹志郎は「なにすんだよっ」って怒る。

でも前足で私の手を突っぱねても、爪は出さない事ぐらいわきまえていて、私が調子に乗って二度三度としつこくやると、ぐいっとてを引き寄せてガブガブ蹴り蹴り。

それでもちゃんと力加減してくれる。

絹はそういう冗談が好きじゃない子で(笑)
「あたし、そう言うのイヤ」って、目と顔で言う子だったなー。

「絹は可愛いし、運動神経抜群な美女だね」って言ってあげるとホントに満足そうにしてた。
「そうよ、当たり前じゃない」って。

高飛車が似合うのは猫だけだと思う。
それを許せるのも猫だからよね。



あのこたちが居なくなって、
もう一つ居なくなったものがある。

それは蜘蛛。

巣を張らない、ダニとか食べてくれる小さな蜘蛛。

「猫がいるから」気を付けて掃除してたけど、風呂が嫌いで入れられなかったから、フケやら抜け毛やら、食べ物たくさんあったんだろうな(笑)

絹志郎を看取って二年になるけど、
この二年間、蜘蛛は一匹しか見なかった。

体調が良くなくて、以前より掃除はいい加減だし、出来てないことが多いのに、蜘蛛は全然見かけなくなっちゃった。

蜘蛛が出ると絹志郎がパンパン叩くから、いつも捕まえて家具の裏とか、高いところに逃がしてたのも、今は全然いない。

蜘蛛まで居なくなったなんて、悲しいねって母と話す。

ビニールを見ては「舐めて噛んで大変だった」
輪ゴムを見ては「その辺置けなかったね」
綿棒を見ては「見つからないように捨ててたね」

たぶんずっと同じ事を言って、楽しかった日々を思い出す。

でもね、必ずそのあと、寂しくて仕方なくなる。

今でも家の中は、あなた達の想い出でいっぱいだから。
何も捨てられなくて、困るよ。
捨てたくないんだもの。

あんなに幸せって思える毎日は、そうそう体験できない。
私の人生で1番幸せな時だったんだと、言えるよ。

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
saori*
性別:
女性
職業:
トールペインター
趣味:
手芸の類ならなんでも♪
自己紹介:
私の遺伝子の中に「猫が好き」が書き込まれていると思う。
現在アメショー猫・絹志郎の姉貴分(自称)。
大阪在住。

カウンター

バーコード

ブログランキング

皆様、殿を応援してくださりませ。

最新コメント

[05/31 みっち]
[04/04 saori]
[03/10 ゆきちの母]
[02/14 みっち]
[02/12 ゆきちの母]

ブログ内検索

Copyright ©  -- 絹志郎マニア --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]